内部統制の構築(日本版SOX法の対応)コンサルティングを福岡県を中心に提供
J-SOX法対応

推進上の留意点

支援サービス内容

統制関係と文書化
内部統制の範囲

業務記述書

業務フロー図

RCM

進捗管理
会社案内

トップメッセージ
お問い合せ





  非常に大規模なプロジェクトになるため、プロジェクトの成功のためには、 経営トップがプロジェクト推進の重要性について強力に意思表示すること が必要となる。
  推進にあたっては社内の合意を得ることに時間を要し、かつ、 強力なリーダーシップやプロジェクトマネジメント能力が要求される。
  全社プロジェクトという意識を持ち、社内全員の主体的な 推進を行えるよう導くことが重要であると共に、人材の確保が必要である
  財務諸表上の言明に係る虚偽記載リスクについての統制を文書化していくが 、これは内部統制に精通した人材でなければ文書化作業を進めることが難しい。 特に業務フローと統制の判別が求められる。
  親会社、子会社等での同一プロセスにおいて内部統制がそれぞれ 異なる場合は、プロジェクト推進の作業量が増加するためグループ内での統一化検討が必要となる。
  各拠点における文書化の程度や内部統制の不備の認識をあわせ整合した 内容にするため、グループとしてプロジェクトを推進することが重要である。
  内部統制の不備を隠すのではなく、積極的に発見し、 この機会に改善を進めることが重要である。
Copyright(c) 2007 Ohgushi Certified Public Accountant Office All Rihgts Reserved.